熱帯魚飼育失敗 魚が茹で上がる

熱帯魚飼育失敗 魚が茹で上がる




可変式ヒーターを使っていると必ず起こるものですが、現在では安いタイプのものは32度以下までしか上がらないものなどもありますし、可変式ヒーターを 買う必要もあまりないかもしれません。

主流は安い、温度固定の得てして26度というものが多いです。

しかし、温度なんて、そんなみんなその温度の訳がなく、季節によって変化しますし、自然下でも、熱帯であっても一日のうちで変化が激しいわけです。

なんで、こんな一定温度ということになったのか?

それは、冬場が長い時期を占める日本の気温により、大半の時期が水温よりも寒い気温となることが多いので、それ以上にしておくということです。

そのために熱帯魚のヒーターがあるのですが、だいたい、あまりに温度差があるような場合、気温が10度で水温を26度にしようとしても無理に近い。

ガラスや水から放熱してしまうわけです。こんな無駄な電力、煮干しほどの大きさのネオンテトラにかけられますか?

そこで、最低対応可能水温を見つけ出し、なるべく、それで真冬を乗り越えられるように、夏場から誘導していきます。

そのときに、可変式ヒーターは便利そのものです。

玄関の水槽なんて電気の無駄です。

ディスカスであっても21度程度で飼育しています。

部分的にはもっと低い水温になっているところもあります。でも、電気代がかかるかと思うと上げる気になりませんし、慣れの問題で活性は保たれています。

そんな可変式ヒーターの怖い事故が、不意に35度以上の水温に設定がずれてしまい、魚が茹で上がるというものです。

これは、設定回転メモリのところにビニールテープをはっておけば、ほぼ、完全に防げるので、完全に人為的ミスです。

むしろ、ヒーターのメモリが動きやすい状態でそのまま運用している方が問題です。










おすすめ商品は↓こちらから!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イエローシュリンプ 3匹セット 1匹/16mm前後
価格:11880円(税込、送料別) (2016/12/14時点)




(C) アクアリウムの箱