アフリカンシクリッドの飼育



アフリカンシクリッドの飼育


アフリカンシクリッドの飼育




名称


 分類: スズキ目 シクリッド科

 学名: Aulonocara baenschi、Cyphotilapia frontosa、Schiaenochromis fryeriなど他多数。

 和名: 学名のカタカナ読み流通名として使用されることが多いようです。総称してアフリカンシクリッド、アフシクと呼んでいます。

 英語名: African Cichlid



水質


 適応水温: :20度程度〜30度程度


 適応水質:PH 中性〜弱アルカリ性


 総硬度(GH) 通常の淡水魚の範囲内〜カルシウムなどが溶け込んだ少し高めの硬度



自然下での生息分布


アフリカ大陸



アフリカンシクリッドの生態

海に居る魚のような生態をしています。

巨大な湖に陸封された魚が独自の進化を遂げました。通常は、淡水というと、川か池になりますが、水量、水深を考えると、とてつもない大きさの湖が この独自の進化を助けたのかもしれません。

川においても魚類はたくさん居ますが、川では水深があさく、湖のように100メートルを超えるようなものは少いです。

海に近い環境であるために、アフシクは海に居る魚と似たような生態を持っているのでしょう。

アフリカンシクリッドの種類



アフリカンシクリッドの飼育設備


 適応水槽: 魚種によりますが大きい水槽が好ましいです。


 ろ過装置: どのようなタイプでもいいです。


 ヒーター: 冬場に冷え込むような部屋ではヒーターが必要ですが、エアコンなどである程度加温された部屋であれば必ずしも必要ということもないようです。


 エアレーション: できればあったほうが好ましいです。


 照明設備: 観賞する時に見栄えがしませんので、あったほうがいいですが、魚種により暗くても綺麗に見える魚も居ます。


 底砂: あったほうがいいです。アフリカンシクリッドの習性に応じて細かい砂の方がいいかもしれません。


 水草:



アフリカンシクリッドの餌


結構な大きさになるまで、フレークフードで育てられました。

中型種になると餌の量が多くなるため、粒状の餌やクリルを与えたりします。金魚や鯉の餌でも代用できることもありますが、十分に慣らしておくことと、製品によってはアフシクの体に合わずに、消化不良のような状態になるのか、落ちてしまうことがありました。

極力、実績のある餌を与えておくべきです。



日頃の管理



気をつけたい病気や怪我など


腹水病、エロモナス細菌による病気、白点病、縄張り争い、喧嘩



アフリカンシクリッドの繁殖













おすすめ商品は↓こちらから!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イエローシュリンプ 3匹セット 1匹/16mm前後
価格:11880円(税込、送料別) (2016/12/14時点)




(C) アクアリウムの箱